てつまぐとは?

構造図・基礎伏図の構造天端・フカシについて

建築の世界は誤差をミリ単位で管理しています。

図面がしっかり読めなければ(特に躯体業者の場合は)大きな問題に発展してしまいます。

コンクリートの打ち直しやそれにかかわる人工を負担しなければならないからです図面記号はしっかり理解する必要があります。

構造図の図面記号について

構造図とは?

図面は意匠図、構造図、設備図と内容によって種類分けされています。

鉄筋工事業者などの躯体業者が使用するのは、構造図(建物の構造体を示す図面)です。

構造図には、柱・梁・壁の配置やリスト、寸法が記載されています。

構造図はS-○○といった番号で図面の右下にページ分けされています。S-18であれば、構造図の18ページ目という意味です。

基礎伏図とは?

基礎伏図とは、構造図のうち、基礎構造部材の詳細図のことを指しています。キープランと総称することもあります。

建築図のキープランと施工計画書について 

構造天端について

上の図はS造基礎の基礎伏せ図の一部です。

我々鉄筋業者が梁施工時に特に気を付けなければならないのは、「1FLから梁天端までの寸法(構造天端)」の部分です。

図の場合だと、1FLから梁天端までの寸法は1FL±0、構造天端までの寸法は1FL-250という意味です。

梁のフカシについて

フカシとは?

スラブと地中梁を構造上一体化させるには施工性上「フカシ」が発生します。

鉄筋は引張強さ以上の応力で引っ張ると伸び切れてしまいます。

鉄筋の定着長さが短い場合、鉄筋は切れる前にコンクリートから抜け出してしまいます。

鉄筋の定着力はコンクリートとの付着力、つまりコンクリートに接する面積によって決定しています。

この定着長さが不足してしまうと梁の応力を柱に伝えることができないため、耐震構造物の基礎として成立しなくなってしまいます。

地中梁であれば応力をしっかり柱に伝えることができるか、スラブであれば地震などで発生した水平力を地中梁に伝えることができるかが耐震構造物上の重要な役割になります。

フカシの鉄筋は構造体、つまり地中梁の天端を定着起点として適切な定着長さをとる必要があります。定着長さを適切にとることでスラブと地中梁を一体化させているのです。

建築でも土木でも無視できない!鉄筋工事における定着長さについて詳しく解説

鉄筋コンクリート(S造編)フカシの拾い方

S造基礎における構造天端とは

地中梁の天端のこと
ただしフカシ部分は考慮しない

フカシのウマの鉄筋について

写真は、実際に弊社で施工したS造基礎のフカシの部分の写真です。

少しわかりにくいですが、フカシの主筋を支えるウマが映っています。別の写真を見てみます。

ウマとは、補助部材のことを指しています。フカシのウマは、フカシの主筋を下支えする鉄筋のことを言います。

フカシのウマの鉄筋寸法計算

フカシのウマの鉄筋の拾い方は、とても簡単です。

ウマの高さ=増し打ち高さ-10mm
ウマの巾 =STPと同等

まとめ

構造図・基礎伏図の構造天端・フカシについて鉄筋工事業者の観点から説明を致しました。

一級鉄筋技能士の試験は基本的な地中梁の施工図作成の内容なので、フカシ等の内容は実戦でしか触れられません。

フカシの鉄筋の拾い方については、教科書などを見ても記載されていないことがほとんどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です