てつまぐとは?

一級鉄筋技能士試験(施工図作成作業)勉強対策 大梁の書き方

一級鉄筋技能士(施工図作成作業)の試験対策です。

試験内容は、柱、大梁、小梁の3つに分かれています。この記事では大梁の書き方を説明します。

一級鉄筋技能士試験について

技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。

鉄筋技能士試験は、「施工図作成作業」と「組立作業」の2種類です。

過去問題は、以下のリンクから参照できます。

中央職業能力開発協会(鉄筋施工(鉄筋施工図作成作業)

合格率は約50%で、難しくない

厚生労働省 令和2年度「技能検定」の実施状況

一級鉄筋技能士試験(施工図作成作業)の令和2年度の合格率は約50%です。

過去問を研究し、ポイントをしっかり押さえれば難しい試験ではありません。

一級鉄筋技能士試験の時期は毎年2月頃

中央職業能力開発協会 技能検定試験の日程

試験は毎年2月頃に実施されます。試験の申し込みは10月初旬に開始されます。

一級鉄筋技能士試験(施工図作成作業)大梁の作図ポイント

一級施工図の試験において、一番時間がかかるのは大梁の部分です。

大梁の鉄筋は追い出し筋、中間材(あんこ)、追い終い筋、3つの部材が連続しています。そのため、1つの部材で計算ミスが他のすべての材料の計算ミスにつながってしまいます。

一級鉄筋技能士試験(施工図作成作業)の大梁図の書き方を見ていきましょう。

大梁作図のポイント3つ

大梁図の書き方のTIPS
・目標時間は60分
・寸法は暗記
・寸法線の書き忘れに注意しよう

目標時間は60分

試験時間は3時間なので、遅くても2.5時間で仕上げる練習をする必要があります。

大梁の部分は一番時間がかかるので、練習の段階で60分で仕上げる練習をしていきます。

寸法は暗記

作図例にあるように、答案用紙は上の図と全く同じように記載します。

試験ごとに変化するのは寸法ですが、試験パターンも多くはありません。

過去4年間の大梁の試験箇所をみてみます。

X通り Y通り
R2年 2G1-2G2 X0 Y0-Y2
R1年 RG1-RG2 X4 Y0-Y2
H30年 2G1-2G2 X1 Y0-Y2
H29年 2G1-2G2 X0 Y0-Y2

実際の過去問題を見ると、X通りもY通りも通り芯間距離に変更はないので、記述パターンは3種類程度に絞られます。

図の赤色の部分は寸法に変更がほとんどない箇所です。変更があったとしてもパターンが少ないので、過去問で練習しながら寸法は暗記します。

図の青色の部分は、問題文を確認してから記入する必要があります。

上図の問題文では、上端筋の圧接位置の箇所に、「追い出し筋の長いほうの鉄筋に定尺材8000mmを使用する。」と記載がありますので、「2-D22-7500」ではなく「2-D22-8000」となります。

定尺材8000mmを使用する場合、追い出し筋のはたらき長さは7630mmとなります。

追い終い筋も同様に計算していくと、「2-D22-3450」となり、追い終い筋のはたらきは「3080」となります。

寸法線の書き忘れに注意しよう

通り芯間距離などに変更はないので、寸法線は図と同じものを書くことになります。

時間が無くなると焦って寸法線の記載忘れが出てきてしまいます。

例えば、追い出し筋の定着長さの記載は非常に忘れやすい箇所になります。

作図具体例

全体図は以下のようになります。

通り芯を3本描く

まず、通り芯を作画していきます。

Y0通り

柱図の面から【1500】の位置にY0通りの通り芯を1点鎖線で記入していきます。

長さの目安は、ケント紙またはトレーシングペーパーの上端から【1000】の位置から【6000】です。

Y1通り、Y2通り

図面の寸法通り記載すればOKです。

長さの目安は同様に【6000】とします。

寸法線を4本描く

寸法線は全部で4本記載します。

1本目:ケント紙またはトレーシングペーパーの上端から【1000】ここには、【7230】【2800】の全体寸法を記載します。

2本目:1本目から【250】ここには、柱の寸法【500】と柱間の寸法【7080】【2300】を記載します。

3本目:2本目から【250】ここには、通り芯と柱の割り振り寸法【425】【75】を記載します。また、圧接位置に係るL/4の寸法【1770】【3540】も記載します。

4本目:3本目から【250】ここには、柱と梁主筋のにげ寸法【100】【400】を記載します。また、宙吊り筋ののみ込み余長寸法【440(20d)】【330(15d)】も記載します。

梁の鉄筋は全部で6段に分けて描く

梁の鉄筋は全部で6段に分けて記載していきます。

1段目:4番目の寸法線から【500】梁上端筋です。
問題文には、大抵長い方で【7500】の鉄筋を使用するように指示があります。【3950】の計算式は、770+7080+500+2300+770+30-7500=3950です。

2段目:1本目から【500】梁上筋です。圧接の位置を【500】ずらして記載します。

3段目:2本目から【500】上宙吊り筋(上トップ筋)です。

4段目:3本目から【500】腹筋です。

5段目:4本目から【500】下宙吊り筋(下トップ筋)です。

6段目:5本目から【500】梁下端筋です。

端部の断面は各真ん中に収める

端部の断面は、【1770(L/4)】間の真ん中に書くようにします。

中央部も同様にできるだけ中央に、バランス良く記載しましょう。

Y0-Y1間のST(スターラップ)の本数は、7080/@150+1=49本です。Y1-Y2間の本数計算も同様に行います。2300/@150=7本です。

幅止めも記載して完成です。

まとめ

一級鉄筋技能士(施工図)の試験はしっかり対策すれば難しい試験ではありません。過去問を解きながら、試験のポイントを集中的に対策しましょう。

一級鉄筋技能士試験勉強対策【施工図】柱の書き方

一級鉄筋技能士試験勉強対策【施工図】小梁の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です