てつまぐ

鉄筋工事

外国人技能実習生をどう育てるか? 鉄筋工事の基本ポイント

人材不足が喫緊の課題になっている中小企業は、外国人実習生を適切に受け入れていく必要があります。 外国人だからといって日本人とは違った処遇を与えたり、教育を怠ってしまうと生産性は向上しません。 この記事では、鉄筋工事におけ …

外国人技能実習生をどう育てるか? 鉄筋工事の基本ポイント もっと読む »

土間スラブの積算数量は使用する鉄筋長さで総重量が変わる

鉄筋数量の積算をしている際、自分が積算した数量が熟練者の積算した数量よりも少なくなることが多々あります。 積算数量が少ないことは死活問題です。誤ってその数量で工事を受注してしまえば赤字になってしまいます。 なぜ積算数量が …

土間スラブの積算数量は使用する鉄筋長さで総重量が変わる もっと読む »

段取り筋(逆配筋)について スラブの例を用いて紹介

熟練の鉄筋施工技能者は、早く正確に綺麗に配筋作業を行うことができます。 現場経験の豊富さや慣れから効率のよい施工に必要な揚重機の準備や、他業種工事との兼ね合いの相談等、熟練の技能者のスキルは非常に高く、多岐にわたります。 …

段取り筋(逆配筋)について スラブの例を用いて紹介 もっと読む »

杭頭補強筋について 施工手順、配置(納まり)の説明

1995年に発生した兵庫県南部地震は、建物の崩壊による甚大な被害を及ぼしました。 この大震災以降、建物の設計基準が大幅に再検討され、杭基礎についてもレベル2(想定の範囲を超える地震)地震に対応できるような耐震基準が設定さ …

杭頭補強筋について 施工手順、配置(納まり)の説明 もっと読む »

梁の鉄筋の基本 配筋、拾い方、圧接の位置までご紹介

一級鉄筋技能士の試験では、梁の鉄筋の拾い出しが必須のスキルになります。 鉄筋積算ソフトでは自動で計算してくれますが、ポイントが理解できていなければ大きな施工ミスにつながる可能性があります。 梁の鉄筋についての理解を深めて …

梁の鉄筋の基本 配筋、拾い方、圧接の位置までご紹介 もっと読む »