てつまぐとは?

RC造の基本知識 構造特性から施工フローをご紹介

RC造は、防⾳性、耐⽕性、耐久性、断熱性に優れており、オフィスやマンション、学校、病院などで幅広い⽤途に使われています。
この記事では、RC造の構造上の特性から作業フローまで幅広くご紹介します。

RCの概要

建築の構造は、⼤きく5種類に分類されます。鉄筋コンクリート造(RC造)、壁式鉄筋コンクリート構造、(WRC造)、鉄⾻造(S造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)、木造(W造)の5つです。

細別するとコンクリートブロック造(CB造)、壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造(WPRC造)、プレキャスト鉄筋コンクリート造(PRC造)もありますが、稀です。

このうちRC(鉄筋コンクリート)は、建築分野であればオフィスやマンション、病院などの公共施設に多く使われています。

RC造の構造上の特性をまず見ていきましょう。

RC造はラーメン構造である

ラーメン構造とは剛接合の構造を意味しています。

剛接合とはRC造のように鉄筋を適切に定着させることで柱や梁、スラブなどの構造部材を1つの構造体として成立させる構造です。

部材同士を溶接させる場合もラーメン構造となります。

ラーメン構造でない構造には補強が入る

ラーメン構造でない場合は、ブレースや火打ち梁といった補助部材が必要になります。


出典:土木工事設計要領 第1編 共通編(H29.10)

土木分野の例だと、ボルト接合の山留め部材には火打ち梁が使用されたりします。

建築でも土木でも無視できない!鉄筋工事における定着長さについて詳しく解説

WRC造について

RC造はラーメン構造で、一般的には柱、梁、スラブで構造物が構成されています。一方、WRC造には柱は存在していません。WRC造の特徴について見ていきましょう。

WRC造には柱はないが、壁に補強筋が入る

WRC造の場合は柱はなく、開口上の壁と同厚の梁と壁で構成されています。

WRC造は老人ホーム等の5階以下の低層集合住宅に多く使用される工法です。

柱がない代わりに、壁のコーナー部に径の太い鉄筋が端部補強筋として配置されることがあります。

WRC造の現場例

写真のようにアルミ製はしごで作業床を作り、単管パイプで梁の天端を設定しています。

写真のように幅が130程度の鉄筋を加工するので、加工に手間がかかります。壁のコーナー部の端部補強筋を設置するのも大変な作業ですので、作業工数も多く必要になります。

RC造の鉄筋工事

RC造の構造の基本知識が理解できましたので、施工内容を見ていきましょう。

RC造の場合は鉄筋工事、型枠工事、コンクリート打設、左官工事と多くの工種を巻き込んだ工事によって成立しています。

RC造の骨組みとなる鉄筋工事の概要を見ていきましょう。

鉄筋加工

ゼネコン関係者であっても、実際の鉄筋加工作業を見たことがある方は少ないのではないでしょうか?

鉄筋の加工はかなり機械化が進んでいます。

施工図作成

鉄筋工事業者は構造図のキープランをゼネコンから取得した後に、施工図を作成します。

建築図のキープランと施工計画書について 

鉄筋組立

契約した内容の鉄筋工事を実際に施工していきます。契約内容にない別途の工事が発生した場合は、常傭工事か別途契約発注するかを選択します。

少量の仕事量の場合は常傭工事になる場合が多いです。その場合、例えば1日5人工の作業証明書を発行することになります。

当日、鉄筋組立に必要な測量・墨出作業がしっかりできていなければ鉄筋工事に影響が出てしまいます。また、鉄筋工事の箇所に必要のない重機や材料が置かれていたり、鉄筋の材料置き場が無かったりすると効率よく作業することができないので、施工管理側は注意が必要です。

【建築業界初心者必見】基礎エースってなに?実際の使用されている写真とともに解説!

コストについて

RC造の場合は鉄筋量が多く複雑であるため、S造基礎であれば1人工1t組立作業できるのに対して、RC造の工事では1人工0.5tしか組立できない場合もあります。

鉄筋材料価格:¥90/kg 10tの鉄筋材料が必要であれば、原材料価格は¥90/kg*10000kg=¥900,000

鉄筋加工費:10tの鉄筋を加工するのに10人工必要であれば加工人件費は10t*¥18000=¥180,000

鉄筋工事人件費:10tの鉄筋を組み立てるのに20人工必要であれば組立人件費は20t*¥18000=¥360,000

鉄筋運搬費:10tの鉄筋の運搬費一式 ¥50,000

楊重費(クレーン等):2日のクレーンの使用料 ¥100,000

合計:¥1,590,000

使用する原材料費が多い場合や複雑な構造の場合は、その分原材料費や人件費が多くなるので費用が大きくなります。

緊張工事が必要な場合もある

一般的なRC造の建物は柱のスパン(間隔)が10m以下が多いですが、大型の構造物の場合はプレストレストコンクリートが導入される場合があります。

長尺の構造物の場合、単純なラーメン構造では荷重や地震力に構造が耐えられないことがあります。その場合は上記のようにRC造の梁の中に鋼線を入れて水平方向に力を加えます。
大型の構造物であっても工夫をすればRC造で建築することが可能になりますが、その分高コストになります。

鉄筋価格は高騰中

中国が国策として二酸化炭素排出削減策を進めている影響で、原材料となる鉄スクラップの価格が高騰しています。異形棒鋼の価格は2021年年初から2倍程度に高騰しています。また、近年では建設業界従事者の⼈⼿不⾜が深刻で、人件費も上昇傾向にあります。

鉄筋の材料価格動向には注視する必要があります。材料価格の参考値は以下のサイトから調べることができます。

東京製鐵株式会社

まとめ

RC造に関して基本知識を身に着けておくと、専門工事業者との打ち合わせがスムーズにいく場合が多いです。

鉄筋工事の知識を深めて、現場管理や施工管理の資格取得に生かしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です