てつまぐとは?

リスティング広告とは?運用方法のコツについても解説

「リスティング広告ってどういう特徴のもの?」、「リスティング広告を運用するにはどうすればよいのか?」

このような疑問を抱えたまま、リスティング広告を活用できていないのではないでしょうか。

この記事では、リスティング広告の概要と運用方法のコツについて解説します。リスティング広告を理解し、効果的な活用を行いましょう。

リスティング広告の概要

リスティング広告がどういった性質の広告であり、どのようなメリットやデメリットがあるのか解説します。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、「検索連動広告」とも呼ばれており、検索画面の1番上もしくは1番下の方に表示される広告です。リスティング広告に対して、一般的な検索で表示されるサイトを自然検索(オーガニックサーチ)と呼びます。下図がその説明です。

リスティング広告を利用すると、検索したときに最も目につきやすい上位に表示させることができます。検索表示順位とクリック率の関係を見ると、以下のように表のように、順位によってこれだけ差が生じています。

※参照:2021 CTR Research Study: The Largest Ever for SEO

リスティング広告はキーワードを入れて検索した人に対して、最もアプローチしやすい広告になります。

リスティング広告の費用

(リスティング広告の費用)=(クリック課金)×(入札形式)

クリック課金とは、広告がクリックされたときのみ料金が発生します。検索結果に表示されただけでは費用はまだかかりません。

1クリックされたらいくら払うかというのが、入札形式によって決まります。広告主は、1クリックの金額を入札しますが、高い金額で入札するほど、上位の表示がされやすくなります。表示順位は以下の式で決まります。

(表示順位):(入札価格)×(広告の品質)

表示順位は、広告の品質によっても変わります。広告の品質は、検索キーワードとの関連性やリンク先のページの品質などから判断されます。

1クリックの金額の相場は、キーワードによって異なります。検索数の多いキーワードほど、高くなります。Googleの提供するキーワードプランナーを使うと相場を調べることができます。

参考:Google キーワードプランナー

リスティング広告のメリット

リスティング広告の3つのメリットを説明します。

見込みの高い顧客にアプローチできる

リスティング広告は特定のキーワードの検索画面に表示させることができるため、検索キーワードから顧客のニーズが予測できていれば、高い成約確率が実現できます。

広告設定をリアルタイムで改善することができる

リスティング広告の広告主には、専用の管理画面が提供されます。リアルタイムで改善を行うことにより、広告の効果をより高めることができます。

1,000円から始められる

リスティング広告は1,000円から出稿が可能です。比較的少額から始められるため、誰でも取り組みやすいものになります。

リスティング広告のデメリット

リスティング広告の3つのデメリットを説明します。

広告を嫌うユーザーも一定数いる

広告を嫌うユーザーは、そもそもリスティング広告に興味を示さず、避けるような行動をとります。こうしたユーザーには、ニーズがあったとしてもアプローチできません。

競合との競争が激しくなることもある

競合とのキーワードの入札価格で競争が激しくなると、費用対効果が悪化する可能性があります。リスティング広告にかける予算と効果をしっかりと検討する必要があります。

手間と時間がかかる

リスティング広告は、出稿したら完了ではなく、継続的に運用する必要があります。クリック率と成約率などを管理し、広告をより効果的なものへと改善していくことが重要です。

リスティング広告の運用のコツ

リスティング広告は運用により、効果的な宣伝へと改善させることができます。運用のコツについて、解説します。

予算に合わせたキーワードの検索ボリュームを選定

キーワードの検索ボリュームによって、クリック単価や広告の表示回数が変わります。予算に応じてキーワードの検索ボリュームを検討することが重要です。

例えば、検索ボリュームが大きいビックワードを設定すると、クリック単価が高いため数回クリックされただけで予算オーバーになってしまう可能性があります。反対に、検索ボリュームが小さいワードを設定すると、クリック単価は低く抑えられますが、広告の表示機会も少なく、成果がほとんど得られない可能性があります。

実際に運用しながら、最適なキーワードを見つけていくことが求められます。

広告の品質の向上

広告の質が良ければ、同じ入札価格でも表示順位を上げることができます。言い換えれば、広告の質が良ければ、表示順位を変えずにクリック単価を下げることができます。

広告の品質には、以下の点が大きく関連しています。

  • クリック率の高さ
  • キーワードと広告内容の関連性の高さ
  • 広告とサイトの関連性の高さ

いずれの点も、キーワードからユーザーの求める情報を提供するWebサイト作りが、品質向上に寄与すると考えられます。

↓↓広告のリンク先となるWebサイトページ(ランディングページ)の作り方についてはこちらで解説↓↓
ランディングページ(LP)とは?作り方と具体例まで解説 | てつまぐ (tetsumag.com)

魅力的な広告文の作成

魅力的な広告文を作成することは、クリック率を上げるための重要な要素になります。

リスティング広告の入り口は、検索画面に表示される広告文のみです。この文章だけで、ユーザーの興味を引き寄せなくてはいけません。

広告文のポイントは以下になります。

  • 前半に検索キーワードを入れる
  • 実績や順位、優位性を数字で訴求する
    (実績1万個、リピート率100%、満足度1位、など)
  • 緊急性を訴える情報を入れる
    (キャンペーン、期間限定、今だけ、など)
  • 記号を使う
    (【】、<>、《》、「」、/、|、!、?、など)

ユーザーがクリックしたくなるような魅力的な広告文によって、クリック率を向上させることができます。

まとめ

リスティング広告の概要と運用方法のコツについて、解説しました。以下にまとめます。

リスティング広告のメリット

  • 見込みの高い顧客にアプローチできる
  • 広告設定をリアルタイムで改善することができる
  • 1,000円から始められる

リスティング広告のデメリット

  • 広告を嫌うユーザーも一定数いる
  • 競合との競争が激しくなることもある
  • 手間と時間がかかる

リスティング広告の運用のコツ

  • 予算に合わせたキーワードの検索ボリュームを選定
  • 広告の品質の向上
  • 魅力的な広告文の作成

以上を把握して、効果的なリスティング広告を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です