てつまぐとは?

リフォームとリノベーションの違いを徹底解説

昨今、中古住宅の壁紙や床板などを貼り替えたり、間取りを広くしたりなど、新たな価値をつけて販売する不動産業者も増えてきています。

同様に、建築会社の中にもリフォームやリノベーションを専門に行う業者も増えてきています。

では、リフォームとリノベーション。その違いはどの程度理解されているのでしょうか?

殆ど同じ意味だと思っている人もいれば、住んでいる家を作り直すのをリフォームといい、古民家などを作り直してカフェなどにするのをリノベーションと言うなどと思っている人もいるようです。

では、実際にはどうなのでしょうか?

本記事では、間違えやすいリフォームとリノベーションの違いについて解説していきます。

リフォームとは?

画像引用元:画像AC

リフォームには以下の様な意味があります。

  • 改革
  • 変革
  • 刷新
  • 革新
  • 改良

これらの意味からも分かる通り、建築で使用されるリフォームとは古くなったものを新しくするといった意味なのです。

簡単に言えば原状復帰で、老朽化した家の目に見える部分のみを建築当時の状態に戻すことをリフォームと言います。

メリット

工事費が安い

目に見える老朽化のみを修繕しますので、工事費は比較的安価に抑えることが出来ます。

工期が短い

家の中の一部分のみの工事であれば工期はそれほどかかりません。

そのため、仮住まいを探す必要もなくリフォーム工事中も自宅で生活が出来ます。

自分でできる

床板を新しくしたり、壁紙を新しくしたりといった工事は、DIYの範囲でできることもあり、リフォームの方法によっては自分で出来てしまいます。

DIYの範囲内で行う場合には、工期も短くまた材料費だけで出来てしまいます。

デメリット

間取り変更はない

リフォームでは、古くなった部分をそのまま改修するだけですので、間取りの変更は行いません。

住み慣れた家のそのままの間取りで住めるというメリットがある一方で、不便な間取りもそのままといったデメリットもあるのです。

家全体の老朽化には対応できない

リフォームはあくまでも見える範囲の改修工事ですので、見えない梁や土台、基礎といった部分の老朽化には対応しきれません。

リノベーションとは?

画像引用元:画像AC

リノベーションは、ここ最近使われるようになった言葉で、以下の様な意味があります。

  • 更新
  • 刷新
  • 修築
  • 更改

リフォームと同じような意味を持つ言葉ですが、建築業界では「大きく間取りを変更しながら古い建物に命を吹き込む」といった意味合いで使われています。

メリット

住人のライフスタイルに合わせて間取り変更が出来る

リノベーションは、今住んでいる家や中古物件の不便な間取りを、住人のライフスタイルに合わせて利便性のある間取りに変更することが出来ます。

狭いリビングをキッチンとつなげたり他の部屋とつなげたりして、広々としたLDKを実現できますし、狭くて使いつらかった浴室を機能的なシステムバスに変更することも出来ます。

梁や柱、土台などの老朽化も改修できる

リノベーション工事では、間取りを大きく変更しますので、柱や梁、土台などの躯体を残して全て取り除きます。

それにより、これまで表面化していなかった躯体の老朽化を見つけたり、耐震性能の不備を見つけたりできますので、それらの改修工事も同時に行えます。

これにより、より頑丈な家を作ることも出来るのです。

デメリット

工事費が高い

家全体を作り直すため、リフォームに比べ圧倒的に工事費が高くなります。

特に中古物件の場合、建てられた年代によっては耐震工事がしっかり出来ていないこともあり、現行法に合わせて耐震工事まで行う場合には、工事費が高額になってしまいます。

中古物件を購入してリノベーションをする場合には、新築物件を購入したほうが安いという可能性も。

また、仮住まいが必要となりますので、その費用も考慮しなければいけません。

工期が長い

家全体の工事を行うため、完成までに数か月かかることもあります。

また、躯体部分の老朽化が進んでいる場合、それらの改修工事まで行いますので予定よりも工期が伸びる可能性もあります。

自分で出来ない

リフォームとは全く違いますので、DIYの範囲内ではできません。

リノベーション工事の費用はローン金利が高い

家を購入したり新築したりするときに利用できるローンは「住宅ローン」で、比較的金利を低く抑えている金融機関が多いです。

一方で、リノベーション工事では「リフォームローン」を組むことが出来るのですが、こちらは「住宅ローン」に比べ金利が高い傾向にあります。

そのため、新築物件を購入するよりも中古物件を購入してリノベーション工事を行う方が高い金利で返済する必要があるのです。

リフォームとリノベーションは何が違うのか?

画像引用元:画像AC

単語の意味だけを見れば、リフォームもリノベーションも「古くなったものを新しくする」といった意味合いになるのですが、そのスタンスに違いがあります。

リフォームはどちらかといえば修繕で、古くなったものを建てられた当時の姿に戻すといった意味で使われています。

一方、リノベーションは革新で、古くなったものをこれまで以上の機能を持たせて新しくするといった意味で使われています。

建築のプロでも正しくこの2つの言葉を使い分けることが出来ていません。ですが、それも仕方のないことなのかもしれません。

それというのもリフォームとリノベーションという言葉、それぞれに明確な定義が無いのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です