てつまぐとは?

鉄筋コンクリート(S造編)地中梁の天端高さの設定

地中梁の天端の高さの設定

ポイント
地中梁の天端高さは「ベースプレート(BPL)下端-50」
一般的には1FLを基準にする
建築の図面は、必ず「何かを基準にして」構造物の高さを設定しています。
梁の天端はGLを基準にして、2階のフロアレベルは1FLを基準にして、、、と基準がコロコロ変わる図面は存在しません。
その図面がなにを基準に高さを設定しているのかをまず最初に把握しましょう。
梁の天端高さとは、梁せいのことではありません。基準からの梁の天端の高さを入力します。
この基準は、「1FL」を基準にするのが一般的です。以後、「-**」は「1FL-**」という意味で説明していきます。

以下の図の場合、地中梁の天端の高さはどのようになるでしょうか?

地中梁の天端高さは「ベースプレート(BPL)下端-50」ですから、地中梁の天端の高さは「-600」となります。

地中梁に段差が一切ないような構造の場合、地中梁の天端高さを自由に設定したとしても、梁の集計鉄筋数量には差が生じません。
位置が変わるだけで、梁せいが変わることもなく、鉄筋の構造数量は不変だからです。
試しに地中梁の天端を「-600」で入力した場合と「-1200」で入力した場合の梁の鉄筋数量を比較してみます。

-600で入力した場合

-1200で入力した場合

大梁の鉄筋数量集計結果は、-600で入力した場合も、-1200で入力した場合も同じ鉄筋数量の結果になります。

地中梁に段差がある場合は要注意

梁に段差がある場合は注意しなければなりません。
段差がある場合は、梁の主筋が柱や梁に定着する分、鉄筋数量が多くなるからです。
-900と-1200の段差を設けて梁の鉄筋がどのように変化するのか見てみます。

段差がない場合

-900と-1200で段差を作った場合

大梁の鉄筋数量集計結果です。定着する鉄筋が増加したため、鉄筋数量が増加しています。

以上のように、梁の天端を適切に入力しないと、鉄筋の定着が反映されません。そのため、鉄筋集計結果が少なく表示されてしまいます。
積算鉄筋数量と実際の鉄筋数量で大きな差が生じる場合がありますので注意しましょう。

建築でも土木でも無視できない!鉄筋工事における定着長さについて詳しく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です