てつまぐとは?

【建設DX】AI・人工知能をもっと深く理解しよう!事例を紹介!

サイバーフィジカルシステム(CPS)とは?

AIは、社会の様々な分野に導入されています。その導入例をみていきましょう。

参考:商務流通情報分科会 情報経済小委員会 中間取りまとめ ~CPSによるデータ駆動型社会の到来を見据えた変革~平成27年5月

CPS(Cyber-Physical-System)とは、実世界とサイバー空間が相互関連した社会のことを意味します。

CPSの事例

AI知識レベル2
タクシー配車の乗客需要予測

UBERやGO等のタクシー配車アプリはかなり世の中に浸透してきました。タクシー配車アプリの仕組みは以下の通りです。個人の携帯等のGPSをビックデータとして利用しています。

AI知識レベル3
渋滞を考慮した最適なルート設定

カーナビ等に搭載されている渋滞予測・最適ルート検索システムは、車に搭載されているGPSをビックデータとして利用しています。

知識レベルに関しては次の記事を参考にしてください。

【建設DX】第四次産業革命って何?AIの事例を解説!

AIの性能は、飛躍的に向上し、社会の様々な分野に進展しています。
AIは、社会システムを劇的に変化させるため(第四次産業革命)、今後は、AIを活用できる企業・人材のみが生き残ることになるでしょう。

まとめ

・IoT機器の社会への浸透、ネットワークの高度化により、データ量が爆発的に増加している
・学習用プログラムの研究・開発が活発化し、性能が向上している
・インフラ上下流領域の各フェーズ(企画、設計、施工、維持管理、運営)でCPSによる飛躍的な生産革新が起こっている
・過去および現在の各種データより、コスト、品質、工程等すべてが最適化されたサイバー空間でのシミュレーション結果を用いて、リアル空間にて各種ロボット等を活用して自動化・自律化が進んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です