学習コラム記事一覧へ

損益計算書とは?【見方や書き方を解説します】

損益計算書にはたくさんの情報が載っています。会社がどのあたりで大きく収益を伸ばしているのか、逆にどのあたりで赤字を垂れ流しているのかなど、会社経営に欠かせない情報ばかりです。

会社は黒字なのに、問題があるという会社もあります。今回は、どのように会社に問題があるかどうかを見極めていくのか、また具体的にどのように損益計算書を作成していけばいいのか、という部分について触れていきます。

損益計算書とは?

損益計算書とは、1年や3ヶ月といった一定期間の経営成績を表す決算書のことです。

大きく分けると、以下の3つのことが書かれています。

  • 収益
  • 費用
  • 純利益

詳しくは後ほど説明しますが、簡単に言うと、

  • どのくらい収益が出たのか
  • 何にどのくらいの費用を使っているのか
  • 収益からかかった費用を引いて、どれだけ儲かったのか

の3点が分かります。

また、損益計算書のことをPL(Profit and Loss Statement)とも言います。

PLが損益計算書であることは分かっておくと、ビジネスの場でスムーズに話を理解することができるでしょう。

損益計算書の見るべき5つの利益

損益計算書の見るべき利益は5つです。

損益計算書を読み解くときには、この5つの利益を正しく理解していることで、どういった活動からどのくらいの利益を得ているのかを把握できるようになります。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

売上総利益

  • 売上高―売上原価=売上総利益

売上総利益は、5つの利益の中で最も上部にある利益であり、売上から売上原価を差し引くことで求められる利益です。

企業の商品・サービスを表す指標にもなることから、「粗利益」とも呼ばれることがあります。

事前に立てている売上総利益の目標が達成されているか否かを判断するときや、売上原価が適切であるか否かを判断するときの材料となるので、チェックしてみましょう。

営業利益

  • 売上総利益―販売費及び一般管理費=営業利益

営業利益は、売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引くことで求められる利益であり、営業利益は本業での営業活動で得た利益のことです。

本業で利益が出ていないのは、不安定な会社だと見なされて、融資を受けるなどが非常に難しくなりますので、営業利益がプラスであることは最重要であると意識しましょう。

経常利益

  • 営業利益+営業外収益―営業外費用=経常利益

経常利益は、営業利益に営業外収益を加えて、営業外費用を差し引くことで求められ利益です。

経常利益には、本業での収益を示す営業利益と本業以外の通常の企業活動で生み出した営業外の利益(営業外収益―営業外費用)が含まれている為、銀行からの融資を受ける際に特に重視される数字となっています。

営業利益が黒字であっても、経常利益が赤字となっていると、本業の収益両区が不十分と見なされることや、借入が多すぎると評価されることがあります。
 

税引前当期純利益

  • 経常利益+特別利益―特別損失=税引前当期純利益

経常利益に特別利益を加えて、特別損失を差し引いた利益を税引前当期純利益と言います。

特別損失の例としては、地震のような天災で建物が倒壊したときに、起こる損失です。

また特別利益の例としては、不動産を売却したときに、減価償却累計額を控除した建物の価値よりも売却価額が大きかったときに生まれる利益などがあります。

当期純利益

  • 税引前当期純利益―法人税等=当期純利益

当期純利益は、税引前当期純利益から法人税等を差し引いた利益です。

当期純利益と過去の繰り越された利益である利益剰余金から株主への配当が行われるため、投資家が最も注目している項目となっています。

損益計算書の書き方

損益計算書の書き方には大きく分けて2つほどあるので、1つずつ紹介していきましょう。

勘定式

まず、一つ目は勘定式という書き方です。

勘定式は、T型の表で、左右にそれぞれ勘定科目と金額が明記されている損益計算書の形式となっています。

左側には費用勘定と当期純利益、右側には収益勘定と当期純損失が入ります。そして、費用勘定と当期純利益の和と収益勘定が同じ金額になることで、数値に違いがないかを確認ができるようになっています。

ただ勘定式は、読み解くのに一定以上の簿記の知識が必要となるため、損益計算書では次に紹介する「報告式」がよく利用されています。

報告式

報告式はまず、売上高から売上原価を差し引いて、売上総利益を算出します。損益計算書を作成する期末には、決算をするタイミングで商品の棚卸をします。

そのときに、期首商品棚卸高と期中商品仕入高を足して、期末商品棚卸高を引いた額が売上原価となります。これは、対象期間の売上に対応した部分のみを売上原価として計上するために行っています。

その後、売上総利益から営業利益や経常利益をと順番に算出していくことで、最終的に当期純利益を算出する方法です。

報告式は、上から下に数字を足して差し引いてを繰り返していくだけなので、簿記の知識がない人で直感的に理解しやすく、実務においても多く利用されている方式です。

イギリスやアメリカといった海外でも多く採用されている方式のため、こちらの書き方を押さえることから始めてみましょう。

報告式のメリット

報告式のメリットは、2つあります。

1つは先ほど説明した、日本を含めた海外でも多く採用されているということです。

2つ目のメリットは、どこで赤字が出たのかが理解しやすいことです。

例えば、当期純利益が赤字であるときに、遡ってみると経常利益までは黒字だったことは分かったとします。

つまり、天災による有形固定資産の価値が下がるなどしたときに、計上される特別損失が大きかったため、赤字になったことが分かります。

特別損失は、例外として生まれた損失であるため、企業活動による収益には問題がありません。

逆もまた然りで、たとえ当期純利益が黒字でも経常利益が赤字であれば、企業活動による収益に問題があることが分かります。

以上のように、報告式であるとどこに費用や収益がいくら出ていて、なぜ赤字になったのか、増収増益になったのかなど一目で分かるため、非常にメリットのある書き方となっています。

損益計算書を作り方・見方まとめ

今回は、損益計算書の作り方や書き方をまとめてみました。

複雑そうに見える会計の分野ですが、今回お伝えした5つの利益と書き方さえ理解できていれば、大切な点を押さえられているので、問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です